スエヒロEPMTOP
サイトマップ English
トップ 製品案内 製品案内 技術情報 技術情報 実験室 実験室 企業情報 企業情報
 
技術情報

アルファ化造粒


米形状品
米形状品


デンプンを含む食品原料を加水・加熱調理し、膨化させることなく
「お米」の形や、「ペレット状」に押出し成形する技術です。

1.使用例

(1)健康・機能性アルファ化米
タピオカでんぷん、食物繊維などを混合して、自然米と同じように炊飯できるアルファ化米を作ることができます。
自然米と比較してカロリーやたんぱく質を低減することも可能で、健康・機能性食品への期待がもたれます。
原料の配合、アルファ化度調整により、非常食やお粥様食品への展開もできます。

(2)米みそ原料
米ぬかや破砕米、米粉などをアルファ化造粒して米みそ(信州みそ)の麹原料にすることができます。


2.2軸エクストルーダーを使用した「米みそ」生産の利点

・米ぬか、破砕米など安い原料が利用できる
・浸漬、水切り、蒸煮工程が不要
・連続、無人運転ができる
・出麹までの時間短縮(約1日以上)
・高温押出しによる殺菌効果
・アルファ化度のコントロールが可能
・造粒形状の自由度アップ
・乾燥工程を加えると保存性の高い麹原料として利用可能


<お問い合せ先>
株式会社 スエヒロEPM
三重県四日市市末広町2番4号
TEL:(059)353-7551(代表)
FAX:(059)352-6146
mail: info@suehiroepm.co.jp

 ページトップへもどる
各ページの記載記事、写真の無断転載を禁じます。
Copyright© 2012-2016 SUEHIRO EPM Corporation.All Rights Reserved.