企業理念


ものづくりを通して
創造の歓びを知る

株式会社スエヒロEPM(スエヒロ・イー・ピー・エム)は、1953年に『有限会社末広鉄工場』として発足以来、
お客様との二人三脚により、搾油機やエクストルーダーの開発・製造を行って参りました。

常にお客様のご要望にお応えするため、各部が連携し、自社一貫体制を確立しています。

 

会社概要


商号
株式会社スエヒロEPM (スエヒロ・イー・ピー・エム)
設立
1953年(昭和28年)10月9日
代表者
清水 啓一
所在地
〒510-0052 三重県四日市市末広町2番4号
資本金
4,000万円
従業員数
49名 (2020年8月現在)
受賞歴
2006(平成18)年 経済産業省 「元気なモノ作り中小企業300社」を受賞
2018(平成30)年 経済産業省 「地域未来牽引企業」に選定
事業内容
食用油脂・食品加工装置の設計・製造及び据付
主要品目
スクリュープレス式搾油機、搾汁機、脱水機、
食品・飼料用2軸エクストルーダー、周辺機器、
その他機械部品等
電話
(059) 353-7551 [代表]
FAX
(059) 352-6146
納入先情報
  • 国内大手植物油メーカー、国内大手食品会社、国内外の研究所など
  • 国内40都道府県と海外20か国への納入実績あり
 

沿革


1953(昭和28)年
有限会社末広鉄工場として発足
1956(昭和31)年
国内初の植物油脂用大型搾油機を開発・納入
搾油プラントのエンジニアリング事業を開始
1959(昭和34)年
植物油脂抽出装置を納入
1963(昭和38)年
株式会社末広鉄工所に改組
1973(昭和48)年
動物油脂搾油業界に進出
1975(昭和50)年
国内メーカー初のエクストルーダーを開発
1978(昭和53)年
連続式動物油脂プラントを納入
1984(昭和59)年
中国に搾油機を輸出
1987(昭和62)年
植物油脂用大型ロール機を開発
1990(平成2)年
アメリカに大豆フレーク機を輸出
本社屋及び食堂を新築移転
1992(平成4)年
社名を株式会社スエヒロEPMに改称
2軸エクストルーダーを開発・納入
1993(平成5)年
中小企業優秀新技術新商品賞を受賞
1998(平成10)年
スエヒロ式連続粉体殺菌機を開発
脱水プラントを納入
1999(平成11)年
2軸エクストルーダーをモデルチェンジ
2004(平成16)年
資本金を4,000万円に増資
2005(平成17)年
BDF用搾油機を開発(ジャトロファ)
食品残渣リサイクル搾油機を開発・納入
NEDO案件でインドネシアにバイオ燃料実験用搾油機を輸出 
2006(平成18)年
アジア諸国に合成ゴム用脱水機の輸出開始
経済産業省 中小企業庁より「元気なモノ作り中小企業300社」を受賞 
2007(平成19)年
油糧種子ミール用ドライヤークーラー設備を納入
2010(平成22)年
新型2軸エクストルーダーを開発
2012(平成24)年
キャンディー生地押出用実験機を納入
2015(平成27)年
アフリカへバイオ燃料実験用搾油機を輸出
2017(平成29)年
ヨーロッパへ大型脱水装置を輸出
2018(平成30)年
三重県とタイ政府によりバンコクに共同開設された産業連携拠点「三重・タイ イノベーションセンター」に2軸エクストルーダー「EA-20型」を納入

経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定
2019(平成31)年
タイ王国国家食品研究所(NFI)にて、セミナー「フードイノベーションと2軸エクストルーダー」を実施
2020(令和2)年
植物性蛋白原料の組織化設備を納入
 

アクセス


本社への経路詳細

株式会社スエヒロEPM 社屋
〒510-0052 三重県四日市市末広町2番4号
TEL:059-353-7551(代表) FAX:059-352-6146
電車の場合
  • 近鉄四日市駅からタクシーで10分(約2km)
    ※ 名古屋からお越しの場合、近鉄線の方が運行多数のため便利です。

© Copyright 2020 suehiroepm Inc.